生きてるっ幸せ◎この世界はハッピーに満ちてる♪私のハッピーをみんなへ(*^_^*)


by smile-chino
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

逆のイメージ

水曜1限は産業心理学。
経営コンサルタントの先生による授業だ。
テレビにもでてる、有名人らしい。
大手とかたくさんの企業のコンサルティングをしてるらしく、
過去就職面接のときにこの先生の名前出しただけで
通ったとかいう話もあるみたい・・。 

で、この授業ほんと毎週ためになるの☆
企業の採用基準から、今大学で何をしておくべきかとか
いろんなことを教えてくれるよっ。
先生話もうまくて、めちゃ面白い。

今日は「対人認知と対人魅力」ってのを勉強したよ。
人を判断するのって、初めて会ったときの印象がかなり大きいみたい。
まずそれで嫌悪や好意を抱く。
そして話ても最後に話の内容から違う印象を受けると
またその人への認知が変化する。
だから、面接のときは最初と最後が肝心だよって先生が言ってた。
先生は講演するとき、いかに初めに笑いをとるか、と
最後にどう固く真剣に話すかってことだけを心がけてるらしい。
中身はなくても最後のギャップですごさを印象づけるんだとか(笑)

確かに人に初めて会うとき
身体的なところしか確かなものってみえない。
だからその印象が強くなって、
この人はきっとこんな人っていうイメージが作られてしまう。
そう思わない人もいるかもしれないけど、
私はそうだ。
そのせいで過去に深く仲良くなれなかった人って
たくさんいると思う。
今でさえやっとだんだんなくなってきたけど
まだまだ"この人はこうゆう人だろうな”って決めつけちゃってる。

そうじゃなくて、逆に
"この人はこんなところがあるかもしれない”ってイメージすること。
それが大事なんじゃないかと思う。

今日の授業で改めて考えることができた。
大学の授業ってすてたもんじゃない。
[PR]
by smile-chino | 2005-07-07 00:24 | 思うこと