生きてるっ幸せ◎この世界はハッピーに満ちてる♪私のハッピーをみんなへ(*^_^*)


by smile-chino
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:思うこと( 27 )

今日確認できたこと。

一番近くにいる人に

Happyを伝えきれてなかったこと。

今日決めたこと。

その人に

真っ先にHappyを全部伝えること。

その人との初めてを全部忘れないこと。

決して忘れないこと。
[PR]
by smile-chino | 2005-07-27 01:19 | 思うこと

キャンセル

Happyをたくさんの人に伝えたいと思う

けどうまく伝わらない

伝えたはずなのに・・伝わってない

返してくれない

キャンセル。

でもね、返しを期待しすぎない

伝わるかどうかでなく、

伝えることが大事。

どんなに辛くても、

想いを伝えることをキャンセルしない。
[PR]
by smile-chino | 2005-07-26 11:43 | 思うこと

ヒキダシ

こんな人になりたい。

誰にでも、相手の状況に合わせて
たくさんの“ヒキダシ”を持ち、適切な言葉を与えられる人。


友達がたくさんいて、慕われている人って、
相手が楽しいとき、悲しいとき、辛いとき、寂しいときに、
ちゃんと相手が望む言葉を与えてあげられる人だと思う。

しかも、決して適当な返しではなくて。
       (もちろん、そうゆう人はそれもできるけど)


けど、そうゆう人って
相手や状況に合わせて言ってること違ったりするから
八方美人とか思われがち。

だけど、たくさんの“ヒキダシ”から相手のために選ばれた言葉は
その時の相手への愛情のカタチだと思う。

一瞬一瞬の相手との関係を大事にしている証拠じゃないかなあって。

たくさんの“ヒキダシ”をもつってことは、
いろんな角度からものごとを考えられるってこと。
でも大事なのはそれだけじゃない。

 たくさんの“ヒキダシ”を持ち、
   そこから相手のための一番の言葉を選び、
           それを相手にちゃんと伝えられること。           

私はまだまだできてない。
まずは、引き出し作りから・・。



今日友達に素直な想いを伝えた。
その子の持つ“ヒキダシ”からでる言葉に
少し戸惑ってしまった。


そして、救われた。
[PR]
by smile-chino | 2005-07-23 21:53 | 思うこと

優柔不断

「何食べよっか~?」
「私なんでもいいよ~。何がいい?」
「何でもいいよ。・・・ごめん、優柔不断。」

今日友達とこんな会話した。
毎日の生活の中でよくあることだけど、
なんかその時すごく愛しく感じた。

私、自分がわりと優柔不断で、人に任せがち。
だから一緒にいる人が私よりヒドイ優柔だと昔イラってよくしてた。

でもね、今は優柔不断って言葉にすごくプラスなイメージを
もつようになった気がする。

今日の友達、すごく考え方しっかりしてる。
いつもお話して勉強なるな~って思ってて、
すごく尊敬してる子。
だから、へ~ぇ、そういう部分もあるんだ~って、
不思議に思ったのね。

それでふって思ったんだけど、
逆にちゃんと譲れない部分を持ってるから、
それ以外の部分はいい意味で適当にできるのかな、
柔軟に対処できるのかなあって。

すごくそうゆうところが好きだな~って思った。

考えてみたら、私の周り、そうゆう“優柔不断”な子が多いかもしれない。

みなで決めるとき、“優柔不断”で自分の意見を決して主張しない。
けど一番周りのこと見てて、それをまとめて的確なこと言えて、
ちゃんとこだわるとここだわる、周りにながされない子。



 “優 柔 不 断”  漢字でみると、さらにいい言葉かも。
[PR]
by smile-chino | 2005-07-20 23:19 | 思うこと

決定させること

   “押すのは7割、残り3割で決めさせる。”



卒業されたアナ研の先輩が教えてくれたこと。

3年になって、仕事を割りふることが増えた。
広めたいことが増えた。

勝手に押し付けてしまう。
しつこくすすめてしまう。

そう悩んでるときは、いつもこの言葉を思い出す。

必ず最後は相手に決定させる。
それによって相手は責任感をもつ。
意欲がでる。

いつも心に留めておこうと思う。
[PR]
by smile-chino | 2005-07-14 01:19 | 思うこと
一番仲いい友達が、最近グアムに行ってきた。
彼女のブログにこんな言葉があった。

グアム・・

海の青さ、
雲の白さ、
空の広さ、
海の広さ、、、に圧倒された。

底抜けに明るい現地の人たち。
最高の笑顔で私たちを迎えてくれる。

Hi☆Hello!
Thank you!
を自然に心から言える。

小さなちまちましたことがバカみたいに思えた。

自分を抑えることが無意味に感じた。


大自然の中で、きっとほんとにいろんなことを感じられたんだな~って。
そこでは開放感に満ち溢れてて、恐れを知らない自分に会えるような気がする。

でも東京に帰るとまた日常が待ってる。
私たちは日常に不満を覚え、縮こまる自分に嫌気がさす。
私もついこの前の旅行で、同じことを感じた。


でも・・・・?

       ふと思った。

同じ空の下、貧困に苦しむ子どもたちは、
そんな日常さえ感じられないでいるんだ。


今朝、めざましテレビで櫻井さんひきいるホワイトバンドが
大規模なチャリティーライブを行うというニュースがやっていた。
影響力をもつアーティストが、貧困の問題について考え、
世界に発信していくことって本当に意味のあるものだと思う。


教専の友達の影響を受け、
世界の貧困の問題を自分のこの目で見て、感じて、考えたいと
強く思うようになった。




夏休み、カンボジアのスタディーツアー
"同じ空の下、世界をもっと好きになる旅”に参加することになった。

迷いはなかった。
自分を抑えることなく、動きだす自分に出会えた。

e0019816_1911891.jpg

この夏、新たな旅にでる。
[PR]
by smile-chino | 2005-07-08 02:41 | 思うこと

逆のイメージ

水曜1限は産業心理学。
経営コンサルタントの先生による授業だ。
テレビにもでてる、有名人らしい。
大手とかたくさんの企業のコンサルティングをしてるらしく、
過去就職面接のときにこの先生の名前出しただけで
通ったとかいう話もあるみたい・・。 

で、この授業ほんと毎週ためになるの☆
企業の採用基準から、今大学で何をしておくべきかとか
いろんなことを教えてくれるよっ。
先生話もうまくて、めちゃ面白い。

今日は「対人認知と対人魅力」ってのを勉強したよ。
人を判断するのって、初めて会ったときの印象がかなり大きいみたい。
まずそれで嫌悪や好意を抱く。
そして話ても最後に話の内容から違う印象を受けると
またその人への認知が変化する。
だから、面接のときは最初と最後が肝心だよって先生が言ってた。
先生は講演するとき、いかに初めに笑いをとるか、と
最後にどう固く真剣に話すかってことだけを心がけてるらしい。
中身はなくても最後のギャップですごさを印象づけるんだとか(笑)

確かに人に初めて会うとき
身体的なところしか確かなものってみえない。
だからその印象が強くなって、
この人はきっとこんな人っていうイメージが作られてしまう。
そう思わない人もいるかもしれないけど、
私はそうだ。
そのせいで過去に深く仲良くなれなかった人って
たくさんいると思う。
今でさえやっとだんだんなくなってきたけど
まだまだ"この人はこうゆう人だろうな”って決めつけちゃってる。

そうじゃなくて、逆に
"この人はこんなところがあるかもしれない”ってイメージすること。
それが大事なんじゃないかと思う。

今日の授業で改めて考えることができた。
大学の授業ってすてたもんじゃない。
[PR]
by smile-chino | 2005-07-07 00:24 | 思うこと